マルハンが導入したギャンブル依存症対策プログラム!?なにそれ!?(笑) パチンコ・スロット情報

パチンコ依存

パチンコ業界最大手の株式会社マルハンが、全国44の都道府県(全45店舗)において、「自己申告プログラム」の導入をHP上で発表した。

「自己申告プログラム」とは、パチンコ業界が推進するギャンブル等依存問題対策の取り組みの一環であり、この1カ月で、マルハン以外の多くのパチンコ店でも導入を始めている。パチンコ業界団体である日本遊技関連事業協会(以下、日遊協)によれば、3月16日時点で全国489店舗が「自己申告プログラム」を導入しており、その数は日ごとに増えている。

パチンコ店の「自己申告プログラム」とは何なのか。

【自己申告プログラムとは?】

「パチンコ・パチスロをご遊技される会員カードをお持ちのお客様が、1日の使用金額の上限を店舗に自己申告すると、その上限額を超えた場合に店舗スタッフがその事実をお客様にお知らせするシステムです。このシステムにより、適度にパチンコ・パチスロを楽しみたい、のめり込みを抑制したい、と考えるお客様の要望に応え、安心した遊技環境をサポートするものです」(株式会社マルハンHPより)

これが「自己申告プログラム」である。パチンコを遊技した人であれば分かるであろうが、その内容は、ギャンブル等依存症対策の実効性の観点から言えばかなり杜撰である。

そもそもプログラムの前提が、「会員カードを使用した遊技客」に限定されており、1日の申告金額の上限を超えても、その「事実を伝える」のみ。

遊技客の立場から言えば、パチンコホールの会員カードを使用しなくても遊技はでき、上限オーバーの事実を伝えられても、それ以降も遊技の続行は可能だ。そもそも、自己申告していないパチンコ店では遊技し放題なので、「自己申告プログラムの導入=依存症対策」とは決して言えない。

【管理人コメント】

自己申告プログラムを作っても依存症対策になるとは思いませんし無駄とおもいますね(^^;

結局貯玉制限もパチンコ屋が儲けたいがために制限してるものだから矛盾しますね(笑)

ギャンブル依存症の方は1人では解決できないもので、1番早い依存症から抜け出すことは➡プロ・勝ってる方から正しい勝ち方を学べば依存症から抜け出せると感じます。(管理人が実際経験したことですね)

例えば➡素人がパチンコスロット依存症の方に、依存症対策・パチンコ依存症カウンセリングをするから、なかなか抜け出せないのかと・・・(一一)

依存症は病気なので➡対策は勝ってる方に正しい勝ち方を学ぶか・自己管理をしっかりするしかないですね。

      ↓ ↓ 応援クリックよろしくお願いしますm(__)m↓ ↓

  にほんブログ村 パチンコブログへ        にほんブログ村 スロットブログへ      にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ       にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

★★当サイトに対し、質問、ご意見、お問い合わせは★★
→→   ricky0927.777@gmail.com   ←←
お気軽にどうぞ(*^^)v

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール
管理人のりょうです。(専業)
よろしくお願いします。
このサイトでは負けない情報、攻略、FXトレード&パチンコスロット記事サイトです。個人が稼ぐスキルを楽しく伝えていけたらいいと思います(^^)/

 ➡詳しいプロフィール

お問い合わせ

(動画一覧)youtube

youtube

FX知っておくべき用語集

   ➡FX用語集

FX(経済指標カレンダー)

パチンコ・スロット新台導入日カレンダー

パチ・スロ・業界用語集

天井(期待値狙い表)

スロット天井狙い機種別、期待値表 (打ち始めゲーム数)

スロット設定狙い表

ジャグラーシリーズ設定判別表

ハナハナシリーズ設定判別表

パチンコボーダー表

このページの先頭へ